映画

【天気の子 レビュー】

「天気の子」は2019年7月19日に公開した新海誠監督の最新映画です。

前作の「君の名は」が爆発的にヒットしたことからも非常に注目された作品です。

主題歌も変わらず「RADWIMPS」さんが担当する事にで話題になりました。

声優キャストも脇役含めて非常に豪華で監督がいかに作品に力を入れたか分かります。

この記事では、「天気の子」に関するレビューを含めた記事を記載します。

2019「天気の子」製作委員会から引用

天気の子 作品紹介

「天気の子」は、2019年7月19日に公開した映画作品です。

新海誠監督の7作目の作品で前作「君の名は」の爆発的なヒットからも非常に注目されました。

「君の名は」に引き続きRADWIMPSが主題歌の担当をしていて、またボーカルの野田洋次郎さんは音楽監督しても作品づくりに貢献しています。

本作のキャッチコピーは 「これは僕と彼女だけが知っている、 世界の秘密についての物語」

詳細情報は下記に記載します。

・監督・脚本・原作…新海誠

・制作会社…「天気の子」製作委員会

・公開日…2019年7月19日

・主題歌…RADWIMPS

・上映時間…112分

・声優キャスト…醍醐虎汰朗、森七菜、小栗旬、本田翼、倍賞千恵子

天気の子 あらすじ

2019「天気の子」製作委員会から引用

伊豆諸島で暮らす高校1年生・森嶋帆高(もりしま ほだか)は家出し、東京本土にフェリーに乗ってやって来た。ネットカフェで暮らすも数日で残金が尽きてしまったため、フェリーで出会ったライターの須賀圭介(すが けいすけ)を頼る。圭介は夏美(なつみ)と2人だけの零細編集プロダクションを営んでおり、オカルト雑誌などに記事を書いていた。帆高は住み込み・食事付きの条件に惹かれ、そこで働くようになる。

2021年(令和3年)夏の関東地方では、異常気象により長期間にわたって雨の日が続いていた。その状況の中、一時的な晴天を呼ぶ「100%の晴れ女」なるものが存在するという都市伝説が流れていた。帆高はある事件から天野陽菜(あまの ひな)という少女と出会う。その彼女こそが晴れ女であり、祈ることで短時間・局地的だが確実に雲の晴れ間を作る能力を持っていた。

陽菜は小学生の弟・(なぎ)と二人だけで暮らしており、彼女が経済的に困っていた。その様子をみた帆高は、晴れ女の能力で商売をすることを提案し、依頼用ウェブサイトを作成する。「晴れ女」のサービスは次第に評判を呼び、順調に仕事を増やしていく。しかし、花火大会を晴れにする依頼の対応時にテレビ放映されてしまい、依頼が殺到したためサービスは休業となる。

Wikipediaから引用

天気の子 レビュー ネタバレあり

2019「天気の子」製作委員会から引用

前作の「君の名は」からの驚異的なヒットから何かと比較されがちな本作。

「君の名は」は大衆にウケる構成になっていましたが、本作は監督も公言されていますが、観る人を選ぶ作品と感じました。

本作のヒロインは天候を操る力を持っているというファンタジー要素から物語が成り立っています。

そのファンタジー要素の根本のミステリー部分が主人公の2人を中心に解明されていき、最後は一応ハッピーエンドで終わるので、わりと後味は悪くないと思います。

ただ、気になるところも所々ありました。

物語冒頭で主人公の穂高が現環境の不満から物語の中心である東京に家出します。

当然16歳の少年なので、アパートを借りる事も出来す、東京の街を彷徨います。

この家出の理由に説明が簡素すぎて終始、クエスチョンマークが頭にありました。

そのため頑なに家に戻らない主人公に共感があまり出来なかったのが残念です。

僕は、共感から主人公に自分を重ねて映画の世界に入りこみたいと考えているのでマイナスな箇所でした。

また、ヒロインに出会う過程で主人公が拳銃を拾うシーンがあります。

映画には、世界観を深くするために非現実な設定が必要かとは思いますが、ファンタジー要素ではない箇所の非現実展開がいわゆるご都合主義的な展開になると思うので、現代の東京を舞台にしている本作では違和感が残りました。

また、ヒロインも15歳の年齢を偽ってマクドナルドでアルバイトをしています。

ここも同じくファンタジー要素ではない非現実展開に同じような違和感を感じました。

同じアニメ映画「サマーウォーズ」のスペックが異常に高い親戚達が頭をよぎりました。

ヒロインが実弟を守るためにとのアルバイトですが、何故遭えて厳しい環境を選択するのかと僕は疑問に思ってしまいました。

僕が子供が産まれ年を取ったせいだと思います。

2019「天気の子」製作委員会から引用

また、良かったと感じるところも多々ありました。

ライターの須賀とフェリーの上で出会うシーンから行くあての無い主人公を自身の仕事をさせるために預かってくれる。

こういった主要人物の運命的な出会い方は、視聴者をワクワクさせてくれるので良かったです。

また、ヒロインの天候の操る面白いファンタジー設定と実際に転向を操るシーンは引き込まれるとても綺麗な映像でとても良かったです。

ジブリを超えるアニメ映像は、それだけでも観る価値があると思います。

また、前作と同様にRADWIMPSさんが主題歌等の音楽も作品にとてもマッチしていました。

前作のキャラクターが出てくる等の小ネタも多く、新海監督らしいと思いました。

俳優陣の声優演技も素晴らしかったです。

僕は、声優下手の俳優陣は苦手なのですが、上手い声優俳優は大歓迎です。

どのキャラクターも気になりませんでした。

物語が進むうちに東京の異常天候(大雨)を晴らす事が出来るのは、ヒロインの力でそれを成すとヒロインが消えてなくなると主人公は知ります。

世界の命運かヒロインの命か?と迷いながらもヒロインを助けようする主人公達一同に心打たれて、このヒロインの設定が改めて良いなと感じました。

そして時は過ぎ秒速のような週末にならないかドキドキしましたが、無事ヒロインを助ける事が出来て物語が終わります。

その際のシーンで最後の主人公のセリフ「陽菜さん、僕たちは、大丈夫だ」と締めくくられ僕はこのセリフから綺麗に着地出来てたなと感じました。

社会に反発している未成年の主人公達が翻弄されながらも自分たちの考えを突き通す事から、同じく未成年の方達向けなのかな?と思いました。

また、少年少女向け展開が好きな方にも向いていると思いました。

故に賛否両論わかれる作品と思われますが、総合的に僕はとても楽しめました。

天気の子 関連作品

下記のボタンから紹介記事へいけます。

動画配信サービスで視聴も可能ですので、宜しければご覧ください。

新海誠作品 動画視聴紹介ページ

ABOUT ME
カメ彦
当サイトの閲覧をして頂きありがとうございます。 管理人のカメ彦です。 脱サラしてブログを書いていています。本・映画・動画配信サービスの有益情報を発信します。