【紙の本と電子書籍はどっちが良いの?】

読書好きの間では、よく紙の本と電子書籍とで比べられる事が多いと思います。

僕は、紙も電子も両方好きで使い分けています。

お気に入りの本は紙も電子書籍も両方所持していますが、そういった人はあまり多くはいないかもしれないですね(笑)

両方使い分けている僕なので、それぞれの良いところ悪いところを記載して改めて本の良さというのを読者の方に認識していただきたいと思います。

この記事では、紙の紙の本と電子書籍のメリット・デメリットを紹介したいと思います。

紙の本のメリット

電子書籍にはない本を読める

現在は、電子書籍も種類が増えてきているので大概の本は電子書籍でも読むことを出来るのですが、それでも紙の本の種類にはかないません。

電子書籍はマイナー本については、まだまだ取り扱いが多いとは言えませんので、こういったところは、紙の本のメリットと思います。

僕自身も歴史小説をよく読むのですが、読みたい本が電子に無いなんて事は結構あります。

所有欲が満たされる

紙の本だと所有欲が満たされます。

コレクション感覚で本棚にお気に入りの本を並べたいと思う方もいらっしゃると思います。

これは電子では満たす事の出来ない欲求ですので、これも紙の本が優れているところだと思います。

また、紙ベースだと質感やにおい等の五感で楽しむ事ができます。

冒頭にも記載しましたが、僕自身もお気に入りの本に関しては、電子と紙ベース両方とも保持しています。

作者順で綺麗に本棚に本が並べられていると気持ち良いものです。

読んだ後の達成感も目に分かりやすく見えるので、五感で楽しめるのは紙の本の良いところだと思います。

売却が出来る

読んだ後に紙の本でしたら売却をする事ができます。

お気に入りの本については、売却する事は出来ないと思いますが1回読んだら必要なくなる本については、売却した方が良いと思います。

人気の本でしたら、金額も高く早く売れると思います。

本屋を楽しむ事が出来る

読書好きな方なら共感していただく事ができるでのでは無いでしょうか?

僕はこれがダントツ一番のメリットだと思っています。

本屋はお店の方がお客さんに楽しんで貰えるように配置を考えて設置しています。

また、本棚によっては本屋のコメントが見れるのも楽しいところですね。

また本屋の一番の良いところは運命の一冊に出会える事もあるのです。

目的の本を探しながら、目についた全く別の本を買っちゃう事もありませんか?

僕は電子に無い歴史小説を買いに本屋に行った時にホリエモンさんの「ゼロ」に出会いました。

これを読んで転職を決意しようと思いましたからね。

大袈裟かもしれませんが、人生を変えた本に出合えたのです。

電子でも関連商品が出てきますが、歴史小説から自己啓発系を見つける事は中々出来ないですからね。

紙の本のデメリット

外出時には荷物になるし収納に困る

紙の本は、電子に比べると持ち運びが圧倒的に劣っています。

特に分厚いビジネス書になるとカバンの中の容量を結構とられてしまいますし、重くなります。

また自宅で保管する際もかさばってしまいますので、本棚に収納できなくなる事もあると思います。

劣化する

紙の本は時間がたつにつれ劣化が進んでしまいます。

本棚に入れて置くだけでは、劣化は止まらないと思いますので、電子に比べるとこういったところも圧倒的に劣っている点かなと思います。

電子書籍のメリット

持ち運びが便利

通勤時や外出時に読書をする事も多いと思います。

その際に電子書籍だとかさばらず、スマホやタブレット・kindle一つでたくさんの本を持ち運べるのはとても大きな利点だと思います。

旅行の時でも「どの本を持っていくべきか?」といった悩みもなくなります。

また、スマホであれば満員電車の中でもスマホのスペースさえ確保できれば問題なく読書が出来ますので、これは紙の本ではできない事だと思います。

保管スぺースを必要としない

電子の場合ですと、本自体の現物がありませんので、当然保管スペースを必要としません。

コレクターの方は別だと思いますが、電子の場合ですと、ひとつの端末に何百冊と保存が出来ますので、電子の大きなメリットかなと思います。

分からない単語を直ぐに調べる事ができる

読書をしていると分からない単語が出てくる事もあると思います。

kindleでしたらその部分を長押しすると画面を変えずに単語の説明が出てきますので、非常にスムーズに調べながら読書をする事ができます。

僕は歴史小説が好きなのですが、その際にこの機能が大活躍をします。

嬉しい機能として人物の名前も調べる事が出来ますので、歴史ものを読む際には重宝しています。

どこでも本の購入が可能

ネットさえ繋がっていればどこでも本の購入が可能です。

お仕事で忙しい方もいらっしゃると思いますので、そういった方には大きなメリットですね。

僕は常に何かの本を読んでいるのですが、読み終わった後に次にまた新しい本を買いに行くときに忙しくて買いに行けない時があります。

その間は本が読めなくなってしまうので、とてもストレスになりますが、電子書籍でしたら買ってその場ですぐに読めるのでこれは、大きな利点だと思います。

読みたい本を直ぐに探す事が出来る

電子書籍の場合は、検索機能がついています。

これによって目的の本を直ぐに探す事が出来ますので、実際に本屋に行って目当ての本を探す時間て結構かかると思いますが、その時間をすべて短縮できるのは大きなメリットです。

電子書籍のデメリット

実物がない

本好きな方には、大きなデメリットかと思います。

実物が無いので本棚に収納をする事もできませんし、紙の本のように五感で本を楽しむ事もできません。

個人差はありますが、五感をつかう事によって本の内容を記憶しやすいのですが、電子書籍はこれが出来ません。

メモが出来ない

小説ではあまり使うことが無いかもしれませんが、ビジネス書の場合だとメモしたい時も出てくると思います。

電子書籍はハイライト機能といって気に入った一文を保存できる機能がありますが、メモ書きをする事は出来ません。

紙ベースだと自由度の高いメモ書きを出来るので、この面では電子書籍は劣っているといえます。

最後に

僕はそれぞれのメリットデメリットから、紙と電子で使い分けているので、使い分け方を紹介したいと思います。

僕は基本電子書籍で本を読みます。

理由としては…

・ kindleを愛用しているのですが、そのシンプルなデザインを気に入っているため

・ 寝る前に読むことが多いので電気を消して読むことが出来るため

・ 出張に行く際に荷物がかさばらないため

紙の本を買うときは…

・目当ての本がkindleに無いとき

・気に入った本を観賞用で欲しいとき

以上です。

それぞれにメリットデメリットがありますので、ご自身にあった使い分けをすればより読書が楽しくなると思います。

ABOUT ME
カメ彦
当サイトの閲覧をして頂きありがとうございます。 管理人のカメ彦です。 脱サラしてブログを書いていています。本・映画・動画配信サービスの有益情報を発信します。